ホークス戦記

12年間の野球歴を生かしてホークスの試合を中心に思ったことを綴るブログ

毎回ランナー出すもあと一本が出ず・・・(イーグルス9回戦)

 

イーグルス4ー3ホークス◯(6勝3敗)

Koboパーク宮城

勝利投手 安樂智大(1勝2敗)

敗戦投手 東浜巨(7勝3敗)

セーブ  松井裕樹(3勝1敗23S)

本塁打    楽 ウィーラー15号(3ラン) ペゲーロ18号

               ソ 柳田20号(2ラン)

 

スターティングラインナップ

1(一)中村晃

2(遊)今宮健太

3(中)柳田悠岐

4(指)デスパイネ

5(左)長谷川勇也

6(三)松田宣浩

7(二)明石健志

8(捕)甲斐拓也

9(右)福田秀平

    (投)東浜巨

内川は大事をとってベンチスタート。代わりにスタメン起用となった長谷川、福田の左打者に期待。また東浜は前回登板のような安定感を見せられるか。

総括

ホークスは1回表、好調の”ミスター2番”今宮がレフト前に運ぶヒットで出塁し、今シーズン9個目の盗塁を決めるも、後続が倒れ得点に結びつかない。その裏、先発の”ミスターシンカー”東浜は2本のヒットで1死1、2塁のピンチを迎えると、イーグルスの主砲ウィーラーに先制3ランを浴びる。

続く2回、先頭の”熱男”松田が中堅フェンス直撃のスリーベースを放つと、7番に起用された”鷹のオールラウンダー”明石のセカンドゴロの間に1点を返す。しかし3回裏に東浜はペゲーロに第18号ソロで追加点を献上。リードは再び3点に拡がる。

その後両チーム無失点で迎えた5回、1死から今宮がセンター返し。本日2本目のヒットでチャンスメイクすると、現在本塁打、打点2冠の”怪物”柳田が単独トップに立つ20号をバックスクリーンに叩き込み、1点差に迫る。

ホークスは毎回ランナーを出し、3盗塁を絡めて相手バッテリーを攻めるも、あと一本が出なかった。先発の東浜は6回2/3を投げて5安打7奪三振で4失点。ハーラートップタイの8勝目はお預けとなった。直接対決第1ラウンドに敗れたホークスは、首位イーグルスとの差が1.5ゲームに拡がった。

Today's POINT

5回表 1死1塁 柳田の20号2ラン

インコース低めの厳しいボールを仕留めた。初球の抜けたスライダーを見送ったあと、2球目を一発で仕留めた。相手バッテリーも驚愕の一打だったに違いない。

f:id:shin_baseball:20170630222954j:plain

この試合、イーグルスの先発マスクは嶋だったが、インコースを多く使っていた。その意識は柳田も十分あったはずだ。 内寄りの速い球にタイミングを合わせていたのかもしれない。

 

1回裏 1死1、2塁 ウィーラーに先制3ランを被弾

1、2、3球目はツーシームで入り、以降はシンカーを軸にカーブやスライダーといった変化球を立て続けに投じる配球。6、7球目はファウルとなったが、少し甘く入ったところを上手く運ばれた。3、4球目のはっきりとした逆球をはじめ、立ち上がりにいつも通りの制球がなかった東浜。結果的には粘られ、回転で打たれた。

 

f:id:shin_baseball:20170630230055j:plain

この勝負全体的にみても、逆球や甘く入るボールが多かった。先制のピンチを迎えたところ、立ち上がりを上手く捉えられてしまった。印象としては、もう少し真っ直ぐ中心の組み立てでいいのではなだろうか。

明日のみどころ

明日は背中の張りで登板回避していた千賀が先発。実戦登板のないままマウンドに上がるので、イーグルス打線に対して自分のピッチングができるかどうか。打撃陣は、あと1本が出なかった今日の試合を踏まえて、柳田以外の中軸に奮起してもらいたい。首位攻防第2ラウンドに勝って、カード勝ち越しのために1勝1敗のタイに持ち込みたいところ。